×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

道後温泉の歴史

道後温泉の歴史は古く3,000年という時間を所有しています。国内最古級の歴史のある温泉と言えます。
世間で有名になったのは1950年に昭和天皇が入浴した事が契機となり、四国最大の温泉観光地、道後温泉が本格的に開発されました。加えて夏目漱石の坊っちゃんの作中に描かれ、1966年には坊ちゃんの間が道後温泉本館に設けられ観光客を呼び込みました。結局この道後温泉本館は1994年に国の重要文化財に指定されています。

愛媛松山の道後温泉は1996年聖徳太子来湯1400年を迎えた際に道後地ビールを発売し、観光名物として売り出しました。観光名所としての魅力を高める努力を続けているのですね、更に2001年には道後温泉商店街をハイカラ通りと名づけています。
温泉ランキングも常に上位にランクされています。
その後も
2001年に旅館前に足湯を設置
2003年に厚生労働大臣の表彰
2006年に夏目漱石の小説坊っちゃん発表百周年記念行事を催しました。
   そして4月には「漱石坊っちゃん碑」が道後温泉本館東側に設置されました。
2007年3月に松山城と共に「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されました。

常に努力して松山市の道後温泉をアピールし、より良い温泉地と評価を得てきた歴史と言えそうです。
しかし当然困難な時期もありました。

道後温泉は
1994年夏季異常渇水
2001年芸予地震の影響で旅館倒壊の被害を受けています。そんな困難も克服し、道後温泉のアクセスの整備や駐車場の整備といった温泉地開発を続けて、現在の道後温泉があると言えます。